創業100年・須藤建設・
人が創り、地域に遺す。

お問い合わせ
MENU
News

お知らせ

災害時の炊き出し対応可能!~だて歴史の杜食育センター~

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇🔹◇

一昨年、施工させていただきました だて歴史の杜食育センター。
SUDO建築では、SPCの1つとして建設後も設備管理を担っています。

だて歴史の杜 食育センター

食育センターでは、最新鋭設備による安心・安全な給食の提供をしています。
また、食育促進拠点として、併設のレストランの運営や様々なイベント企画を行い、食の情報発信基地となっておりますが、もう一つ大切な役割があります。

それは、災害時の炊き出し対応です。
災害時、1日当たり 9,900食の炊き出しを3日間可能にする設備を備えています。

自動計量・洗米器 一釜7キロ2時間で40釜の炊飯が可能
800食の調理ができる釜を6台設置

昨年9月の北海道東部地震は震源地となった北海道東部に大きな被害をもたらしました。さらに北海道全域がブラックアウトし、私たち北海道民にとって忘れられない体験となりました。
伊達市でも長引く停電によって煮炊きが出来ず、不便な思いをされた方もたくさん居たのではないでしょうか。

この地震の際、食育センターでは炊き出しが行なわれました。
全域停電だったこともあり、残念ながら、あまり情報が行き届かず知らなかった人も多かったようです。

北海道東部地震当日の炊き出しの様子
(画像:食育センターFBより引用)
地震当日17時と21時の2回炊き出しを実施
(画像:食育センターFBより引用)

災害が起きないことが一番ですが、
災害の多い昨今、炊き出しが必要な状況になった場合は食育センターに確認してみることを覚えておきましょう。

食育センターでは、様々なイベントや定期的に新メニューが提供されています。
詳細情報は食育センターfacebookをご覧ください。
食育センターfacebookはこちら

TOP PAGE