創業100年・須藤建設・
人が創り、地域に遺す。

お問い合わせ
MENU
News

お知らせ

内装工事② ~内部仕上げ~

新年あけましておめでとうございます!
コッシーです。
今年も現場の紹介を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

少々時を戻しまして・・・ 工事開始当初から送り迎えをして下さった海洋丸は冬季間の休みに入りました。海洋丸さん、お疲れ様でしたm(_ _)m

ということで、12月の半ばからは遊覧船の羊蹄が送り迎えをして下さっています。
今回、遊覧船羊蹄の操舵室を見せて頂きました。
見晴らしが良くて、快適でした(^’^)

他にも船の中を見ていくと、気持ち良いソファのある部屋も‼
たまに、こっそりソファに座ってくつろいじゃおうかな・・・(-.-)
職人さん達と船に乗るのも、あと少しだなと思うとなんだか寂しいような(・・?

それでは、工事の進捗状況に入りましょう!
まずは、床や幅木のコンクリート面に仕上げ材を貼るために、モルタルを塗ってキレイに均したり、高さを調整したりします。

左官ってなんで「左」なのか、ずっと気になっていたんです。
ふと思い出して調べてみました。

いろいろな説があるのですが、昔は宮廷に入るのには位が必要だったため、壁塗り職人のことを「左官」、大工のことを「右官」という称号を賜ったそうです。
右大臣と左大臣のような感じですね!(^^)

続いて、クロス屋さんの登場‼
クロス屋さんが来ると、いよいよ終わりが近づいてきたなと感じます。

まずはパテ処理でビスやボードの継ぎ目の凹凸を埋め、ペーパー掛けでさらに滑らかにします。
この作業をしないと、クロスを貼ったときにボコッとした部分ができてしまいます。
見ていると簡単そうに見えますが、力加減やヘラ使いがとても難しいそうです。

そしてクロスを貼っていきます!
まっすぐに、シワをのばしながら貼っていきます。
天井のクロスは、ずっと上を向いたままの作業なので、見ているだけで肩が凝りそうです。

天井と壁のクロスが貼り終わりました‼

あとは、設備屋さんや電気屋さんにバトンタッチして、様々な機器を取り付けてもらいます。
今回はここまで!
次回も、仕上げの続きの様子をお届けします!
お楽しみに(^.^)/~~~

TOP PAGE